1. TOP
  2. 【成功者の習慣】誰でもできる、人の心を一瞬で掴む方法 さくま×はたけ 

【成功者の習慣】誰でもできる、人の心を一瞬で掴む方法 さくま×はたけ 

ビジネス
この記事は約 4 分で読めます。 373 Views


“ペイフォワード精神”そんな言葉を耳にした方もいるかもしれません。
「pay it forward」この言葉は直訳で”先払い”という意味です。

ビジネス界隈では
非常に重要になってくるマインドの一つだと言われています。

“いいことをすれば必ず自分に返ってくる”
昔からよく言われている言葉ですね。悪いこともまたしかりですが。

今回はそんな言葉をさくま自身になぞらえてお伝えします。

事業を作り続ける上で大きな差が付くマインド。ペイフォワード精神。
必ず周りの環境が変わってきます。

まずはあなたが恩を送る

送ることで始まるペイフォワード

ペイフォワードと聞くとどうしても難しく感じる部分が
あるかと思います。

人間というのは どうしても”見返りを求めてしまう”生き物だから。

ことビジネスにおいてはこの色は非常に強く出てくると
感じる部分はあります。

もちろん僕も最初はそうでした。

見返りを求めるからこそ
最初は見返りを求めない。

矛盾しているようですが笑
これが始まりだと感じています。

というかこの感覚じゃないと
なかなか 人のために動くことは難しくなる。と思っています。

ペイフォワードというとなんともそれっぽくなりますが

基本的に 自分がしたことは自分に跳ね返ってきます。

それはもちろん
“良いことも”
“悪いことも”

恩を仇で返す

ビジネスに限った話ではないですが
ペイフォワードを心がけていると

特定の人間から全く持って期待と違う
返答が帰ってくることがあります。

でもこれは先に恩を送ったからこそ
“至極早い段階で”

相手の本質的価値をしれた。
だから最終的にはプラスに行き着く。

今後の人生に
“僕の価値観の中に”その人がマッチしなかった。

という結論を早期発見し

より濃ゆい時間を共に過ごせる人間とだけ

実りある時間を効率的に過ごすことができるからです。

押し売りはダメ

ペイフォワード精神。
人の心を掴むための唯一の方法だと感じています。

自分に良いことをしてくれた人を
嫌う人は ごく稀であり

その時点で価値観が
あなたと今後交わる可能性が非常に低いからです。

どんな人にも価値観があります。

だからこそ
“こうしてあげたのになんで!”と感じることはあまり
おすすめしない。

あなたが 悩もうと相手にとってあなたの送った恩は
“相手に必要ではなかった”内容の物なんです。

もしかしたら自分自身もそんな風に
相手の”恩を受け取れていない”かもしれない。

これを履き違えると
“恩義せがましい勘違い人間”になってきます。

それこそ人があなたの周囲から減っていくかもしれない。

恩は世界で循環している

日頃から
“人が喜ぶこと”をするように気を使っていると

不思議と争いが少なくなり、
良い話が舞い込んでくるようになります。

引き寄せの法則と呼ばれたりしますが
目的を具体的に認識して 実行していると

あなたが恩を送った相手じゃなくとも
どこかしらからか あなたの欲しかった感覚がくる。

恩の総量って決まっているのかもと感じいていることもあります。

僕が送った恩の総量があって

家族
友人
パートナー
スタッフ
からもらう 恩がある。

たくさんの恩をもらうと 僕が送った恩の総量を超えているような気もする。

でも 過去に裏切られたことや
こうしてほしいっていう色気を出した感覚を差っ引いいたら

どっかでプラスマイナスゼロになっているのかな。

と感じることもある。

だからこそ常に

“人を喜ばせる”=恩を”先に”売り続ける

そうやって恩の総量を増やして
僕の周りに 良いエネルギーが充満するように

していきたい。

\ SNSでシェアしよう! /

39レクチャーの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

39レクチャーの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

39lec

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【タイ語レッスン】カフェやお店で役立つタイ語!例文の紹介。

  • 【タイ語レッスン】母音の基礎!母音の発音と覚え方について。

  • タイ語の数字をマスター

  • インド、バングラデシュ、バンコクの違い

関連記事

  • 人望が集まる人の考え方 特徴!人望のある人 人望ゼロ違いとは?

  • 「人」は「宝」である

  • なぜ仕事の副業を禁止している会社が多いのか

  • 起業のイベントとは。起業のイベントに参加するメリット。

  • どうして人は人間関係を『グループ分け』したがるのか

  • 海外で起業する方法。起業しやすい海外の国とは。