1. TOP
  2. タイでもチップは必要

タイでもチップは必要

 2019/03/13 タイ
この記事は約 3 分で読めます。 10 Views

海外旅行に行ったなら、現地の人からサービスをもてなしてもらった時の感謝の念として出すのがチップですね。
日本ではあまりない習慣なので、何かと戸惑うこともあるでしょう。
しかし、今、東南アジアでも人気の高いタイでも、チップの習慣があるのでしょうか?
どのような場面でチップを払えばいいのか、次のような観点でお話していこうと思います。

  • タイのチップ環境
  • チップをあげる理由
  • 実際にチップを渡したなら

タイのチップ環境

タイではチップの習慣があります。そのために、日本人観光客が多いバンコクではチップはごく当然のこととして浸透しています。
但し、全ての場所でチップが必要というわけではなく、 払う必要ある場所やシチュエーションで一定のレベルが決まっていことを理解しておけば、問題はありません。
そうすることでタイ旅行の楽しみがグレードアップしてきます。
タイでチップを支払うべき場所としては、ホテル、レストラン、マッサージ(SPA)、タクシーが挙げられますが、この4ケ所だけを覚えておくといいでしょう。。
チップで渡す時は、コインではなく、20バーツ札、50バーツ札、100バーツ札のいずれかでコインは渡すようにしましょう。

チップをあげる理由

ホテルのコンシェルジュなどに対してもチップを渡しておくと、レストランを優先的に探して予約を取ってくれたりと、サービスがさらに良くなっていきます。
そのために、チップを用意しておきさりげなく渡すことで、ホテルマンだけでなく、他のスポットでもワンランク高いサービスを受けることができます。

実際にチップを渡したなら

年に数回、ビジネスでタイ・バンコクに訪れるビジネスマンの声です。
「海外には、年に数回仕事で行くのですか、タイも含まれています。タイの人は、基本的に穏和な性格の人が多いのですが、常宿としているホテルや行き付けのレストランでチップを奮発すると、次回に行った時のサービスがとてもいい感じがしますね。
おそらく、僕の顔を覚えてくれていると思いますが、優先的に席を取ってくれるコンシェルジュ、レストランでも、夜景のきれいな席に案内してくれたりと、至れり尽くせりといった感じです。

まとめ

このようにチップをしっかりと渡すだけで、タイにいる時の待遇がアップしそうです。
今回の

  • タイのチップ環境
  • チップをあげる理由
  • 実際にチップを渡したなら

を見てチップ文化を大事にしてタイ旅行を楽しんでください。

\ SNSでシェアしよう! /

39レクチャーの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

39レクチャーの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

39lec

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【タイ語レッスン】カフェやお店で役立つタイ語!例文の紹介。

  • 【タイ語レッスン】母音の基礎!母音の発音と覚え方について。

  • タイ語の数字をマスター

  • インド、バングラデシュ、バンコクの違い

関連記事

  • 覚えていないと損するタイ語

  • 屋台で使えるタイ語

  • タイの女性にモテるためには

  • タイでのタクシーの乗り方

  • マリオットホテルのビュッフェが最高

  • タイ語にはLRの発音がない