1. TOP
  2. タイ語で自己紹介をしよう!

タイ語で自己紹介をしよう!

 2019/03/11 タイ
この記事は約 4 分で読めます。 11 Views

初めて行く国で友達を作るなら、まずはどんなことをするでしょうか?
コミュニケーションを図ることが先に来るはずですが、外国にいると、何処でも英語を使えば、通じるというものではありません。
できることなら、カタコトでもいいので、現地の言葉で会話をすることが相手との距離をグンと縮めることになります。
最近、海外旅行と言えば、タイが人気が集まっていますが、ここでもやはり、タイ語を覚えて、現地の人と仲良くなることを楽しんでいる日本人観光客やビジネスマンが増えているようです。
今回は、そんな人のために次のようなことをお話してみようと思います。

  • タイ語で自己紹介する
  • どうして自己紹介をタイ語で?
  • タイ語で自己紹介をしたおかげで

タイ語で自己紹介する

タイの魅力にハマッてさらに楽しみにたいと思っている人は、現地の人と友達になることを考えています。
その時に覚えて、便利に使えるのが、自己紹介です。
とは言うものの、いきなりペラペラのタイ語をマスターすることは、至難の技。
そこで、相手との距離を縮めるためには、
「タイ語をあんまりしゃべれない」ということを相手に伝えることがポイントです。
それも「タイ語+英語」のミックスで話すだけでも、相手の心象がかなり違うのです。
「タイ語はあまり話せません。ごめんね。」
ということを伝えるなら、
「プーパイサイタイ マイダイ ニッノイ コートークラップ」という言い方を覚えておくと便利です。
しかし、重要な単語はできるだけ覚えるようにしておくと、コミュニケーションが取りやすくなります。
この他にも次のような言葉もチェックしておくといいですね。
・あなたの名前は?
クンチューアライナクラップ
チューアライナクラップ
・幸せ
インディー
・〜することができる
ディーダイ
・知る
ルーチャック
・あなたと知り合えて良かった
インディー ディーダイ ルーチャック
これだけでも、仲良くなれるスピードが全然違ってきます。

どうして自己紹介をタイ語で?

タイでは、英語がそんなにスムーズに通じる所がそんなに多くはありません。
英語とマックスしてタイ語を使うだけでも、かなりコミュニケーションの理解度賀違ってくるのですが、基本的な現地の言葉を覚えて使うだけでも、相手の心を開かせることができます。
誰でも自分の身近な言語で挨拶や自己紹介をすると、親密感を覚えることは当然のことです。
そのために、タイ語で自分を紹介する言葉をマスターしておくことが、友達作りのスタートになるわけです。

タイ語で自己紹介をしたおかげで

タイで仕事をして数年経つ人の経験談がありますが、この人のコメントを聞くとかなり参考になるでしょう。
「仕事にタイに移り住んで数年が経ちますが、始めの頃は英語で会話をしようとしていました。でも、こちらの人と中々打ち解けることができませんでした。それで自己紹介だけでも、タイ語でできるように覚えて、使うようになってからは、友人も少しずつ増えてきて、さらにタイ語も1つ1つ覚えて行くようになりました。」

まとめ

タイ語で自己紹介ができるようになってから、友人が増えていった体験談の人は、さらにタイ語を覚えて行くようになり、ますます友人の輪がひろがって行ったのです。
これからタイに旅行する人だけでなく、ビジネスでもタイに行く予定のある人は、ここで説明してきた

  • タイ語で自己紹介する
  • どうして自己紹介をタイ語で?
  • タイ語で自己紹介をしたおかげで

を参考に、まず自己紹介をできることから、始めてみることです。

\ SNSでシェアしよう! /

39レクチャーの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

39レクチャーの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

39lec

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【タイ語レッスン】カフェやお店で役立つタイ語!例文の紹介。

  • 【タイ語レッスン】母音の基礎!母音の発音と覚え方について。

  • タイ語の数字をマスター

  • インド、バングラデシュ、バンコクの違い

関連記事

  • バンコク屋台飯!カオマンガイおすすめベスト3!

  • タイのレストランでのオーダー

  • タイでのタクシーの乗り方

  • シャングリラホテル・バンコクのビュッフェで楽しむ

  • インド、バングラデシュ、バンコクの違い

  • タイ語のWhatを上手に使うと便利