1. TOP
  2. パタヤのウォーキングストリートが今、人気!

パタヤのウォーキングストリートが今、人気!

コミュニケーション能力 タイ ビジネス
この記事は約 5 分で読めます。 74 Views

今、タイに移住している日本人が、すごく増えています。
それはビジネスでタイに熱い注目が集まっているからかもしれません。
日本の企業がタイに進出しているだけでなく、多くの日本人家族も移り住んだり、個人レベルでも起業した人が、タイ・バンコクに住んで、活躍しているほどです。
しかし、仕事のウエートがタイに移っているからだけではありません。
国際都市としてのバンコクの魅力もありますし、周辺にも人気の観光地やリゾート地があって、高い人気を誇っているのです。
その中でも、パタヤというエリアにもかなり有名になってきました。
ここでは、次のようなことを説明してバタヤの魅力を知ってほしいと思います。

  • 人気のパタヤのウォーキングストリート
  • ウォーキングストリートが人気な理由
  • パタヤでトコトン楽しんだフリーランサー

人気のパタヤのウォーキングストリート

パタヤは、タイランド湾の東海岸に位置する、美しいビーチで有名な都市です。
1960年代までは、静かな漁村だったのですが、近年ではリゾートホテルや高層マンション、大きなショッピングモールの始め、キャバレーや24時間営業のクラブなどが立ち並んでいる本格的なリゾート地として有名になってきました。
バンコクからは、車で1時間半ほど移動することができますが、日本の少し昔の熱海のような街かもしれません。
1年を通じて温暖な気候で、過ごしやすい環境と言えます。
また、会話については、タイ語がベースですが、ホテル等では英語が通じるので、カタコトでもそれなりにコミュニケーションを取ることができます。
この魅力あるパタヤで、高く熱い人気スポットがウォーキングストリートなのです。
ちょっと家族連れでは行きづらいスポットエリアなのですが、男性にとっては、とても楽しい場所なのです。

ウォーキングストリートが人気な理由

どうしてパタヤのウォーキングストリートが人気があるかと言えば、次のような理由があったのです。

  • ディスコが熱い
  • ユニークなビアバー
  • 海沿いレストランでシーフード料理を堪能

ディスコが熱い

パタヤ随一の歓楽街のウォーキングストリートには、無数のディスコ(クラブ)が並んでいます。
パタヤのディスコは、日本のディスコのように必ずしも、若い人が遊びに行くスポットというイメージではありません。
ディスコへ遊びに来る人は様々で、
40代?50代に見える白人男性が来ていたり、グループ旅行の中国人団体、若いタイ人もいれば、慰安旅行の40代前後の男女日本人グループと実に様々です。
パタヤは、のんびりとした空気が流れているリゾートなので、ディスコに遊びにくる人達は、ライトな感覚で訪れるのです。

ユニークなビアバー

ウォーキングストリートがパタヤを代表する歓楽街であることは言うまでもありません。
路上に可愛いタイ人女性やロシア系の美女から美系のニューハーフの人達までセクシーに立っています。
でも、ウォーキングストリートでは、ビアバーもある意味、熱い一時を楽しめるのです。
なんと無料のムエタイショーを観戦できて、その迫力に白熱してしまいます。
ムエタイは、格闘技ファンなら誰でも知っている打撃系の最強格闘技。
激しいキックとパンチや、ひじ打ちの応酬は、真剣勝負そのもので緊迫度の高い試合を披露してくれます。
こんな意外な魅力もウォーキングストリートにはあるのです。

海沿いレストランでシーフード料理を堪能

ウォーキングストリートは、巨大な歓楽街のように思っている人もたくさんいますが、豊かな食材を活かしたレストランも数多く集まるグルメ街でもあります。
元々、静かな漁村だったことから海の幸が豊富で美味しい料理が食べれるのです。
解放感のある店内は、高級ホテルのバーやレストランと異なり一味違った癒し空間もあるので、超リラックスできます。
特におすすめなのは、海沿いのテーブル席で、爽やかに注いでくる潮風に吹かれて食べる料理は、もう至福の時間です。

パタヤでトコトン楽しんだフリーランサー

ここでバンコク在住で個人ビジネスを手掛けているフリーランサーの人のバタヤ・ウォーキングストリートの感想です。

  • バンコクから2時間で行ける近さ
  • 踊って、食べて楽しめたウォーキングストリート

バンコクから2時間で行ける近さ

パタヤには、車で2時間ほどでアクセスできる距離。
これがまた良くて、行きだいと思ったなら、すぐに行くことが出きるのが、とても嬉しいということです。
また、朝まで色々なお店が空いていることもありがたいようです。
バンコクで仕事を終えてから、そのまま車でパタヤに行って、朝までエンジョイ。
仕事のストレス発散をできるので、パタヤは病み付きになりそうとの感想です。

踊って、食べて楽しめたウォーキングストリート

ウォーキングストリートでは、ディスコど目一杯楽しんで、グルメもイケることから、全てが勢揃いしている歓楽街でした。

このように初めてパタヤに行ったフリーランサーの人でも、すでにハマッているのです。

まとめ

こんなふうにタイ・パタヤの魅力は本当に行った人しか分からないかとしれませんが、バンコクで仕事をしている人は、1度アクセスしてみてください。
今までに説明した

  • 人気のパタヤのウォーキングストリート
  • ウォーキングストリートが人気な理由
  • バタヤでトコトン楽しんだフリーランサー

以上の魅力が必ず見つかるはずです。

\ SNSでシェアしよう! /

39レクチャーの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

39レクチャーの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

39lec

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【タイ語レッスン】カフェやお店で役立つタイ語!例文の紹介。

  • 【タイ語レッスン】母音の基礎!母音の発音と覚え方について。

  • タイ語の数字をマスター

  • インド、バングラデシュ、バンコクの違い

関連記事

  • 最高級バンコクメゾネットマンション

  • ビジネスレターでは挨拶文が大切

  • 役職なら英語くらいは身につけておくべき!英語の勉強方法

  • 起業のイベントとは。起業のイベントに参加するメリット。

  • 目標設定の仕方 あなたの限界の根拠は?コノ目標の立て方で達成できる。技術向上で生産性2倍!目標がない 無気力の人へのセミナー ビジネス社内研修

  • マーケティングの4Pって何!?マーケティングの4Pの背景と成功事例!