1. TOP
  2. 仕事が出来る人と出来ない人の違いとは?

仕事が出来る人と出来ない人の違いとは?

 2018/07/19 コミュニケーション能力 ビジネス 人間関係 未分類 組織
この記事は約 3 分で読めます。 263 Views

仕事が出来る人と出来ない人の違いとは?

こんにちは!
さくまです!

今日は仕事ができる人と出来ない人の違いについて話したいと思います。

僕は仕事ができる人とは、
求められている事の意図が汲み取れる人間の事だと思います。

なぜそう思うのか、順番に話していきましょう。

仕事は学びながらするものではない

よく、仕事をしながら学んでいる
という人がいます。

ですが、仕事というものはどういうものでしょうか?
会社に属して仕事をする、
という風に考えるならば、
従業員はお金をもらってその代わりに仕事をしていますよね。

しかし、学ばせてもらう、
というのはお金を払ってするものであって、
お金をもらってするものではありません。
勉強ですからね。

つまりは、会社員としていい仕事をする人間というのは、
自分中心の考え方をしない、
会社全体の意図、または上司の意図を汲み取れる人間の事なのです。

組織において”個”は基本的に迷惑なもの

会社に属して仕事をする人のことを例にとってみましょう。
組織においては、個というのは非常に迷惑なものです。

なぜなら、仕事は会社や上司の目指す方向に沿ってこなすものであって、
あなたの考えを中心に仕事は動いてないからです。

もちろん、会議等で会社の一員として意見を求められることはあるでしょうが、
あくまで会社を中心としてどういう風に仕事をしていくべきかは決まるものなのです。

なので、もし仕事が出来る人間にあなたがなりたいと思っているのならば、
まずは上司の意図を汲み取って仕事をするように心がけてみてください。

自分中心に考えながら仕事をしているときより、はるかに上司からの評価は高いはずです。

評価が高くなれば、当然キャリアアップしていけるようになり、あなたも部下を持つことになるかもしれません。

そうなった時は、あなたの意図をできるだけわかりやすく部下に伝え、部下に意図を汲み取らせるようにしてください。
そして、組織における仕事の仕方をあなたの実体験を元に話していくといいでしょう。

そうすると、あなたのみならず、あなたの会社自体が非常に効率のよく仕事のできる人の集合体になっているはずです。

まとめ


仕事が出来る人と、出来ない人の差は
上司の意図を汲み取れるか否か、
そして組織のために自分中心という考え方をどれだけ排除出来るかだと、
僕は考えます。

さくまでした。

\ SNSでシェアしよう! /

39レクチャーの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

39レクチャーの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

39lec

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【タイ語レッスン】カフェやお店で役立つタイ語!例文の紹介。

  • 【タイ語レッスン】母音の基礎!母音の発音と覚え方について。

  • タイ語の数字をマスター

  • インド、バングラデシュ、バンコクの違い

関連記事

  • タイ語にはLRの発音がない

  • 想像力が必要不可欠

  • コミュ障必見!コミュ力が高い人の特徴5選!

  • 屋台とは、違うフードコートでのタイ料理

  • コミュニケーション能力がない人の特徴 人見知りは関係ない。NG会話から、続ける会話術を学ぶ。会話が続かない/仕事も練習!会話力向上トレーニングで鍛える動画!

  • マーケティングの4Pって何!?マーケティングの4Pの背景と成功事例!