1. TOP
  2. 部下の育成が上手な上司とは?コミュニケーションと信頼/指導/叱り方

部下の育成が上手な上司とは?コミュニケーションと信頼/指導/叱り方

コミュニケーション能力 ビジネス 人間関係 未分類 組織
この記事は約 3 分で読めます。 260 Views

こんにちは!
さくまです!

部下の育成が上手な上司とは?

今回は部下の育成が上手な上司とはどのような人なのか、について話したいと思います。

部下を持つ上司の方で、部下に自分の伝えたい事が伝わらない、という事がよくあると思います。

では自分の言いたい事が伝わらない、というのはなぜでしょうか?

人間はそれぞれ、言葉のものさしが違う

よくあるパターンとして、
上司と部下で言葉のものさしが違う事が多いという事が挙げられます。

例えば、「もっと早くやっといて」と部下に言う上司がいるとします。
それでは、部下は「もっと」というのを
どれくらいの時間の早さで考えるでしょうか。

きっとその基準は上司と部下で違うはずです。

これが上司と部下で言葉のものさしが違う、という事です。

曖昧な言葉は極力使うべきではない

曖昧な言葉を使って部下に指示を出してしまうと、
部下は勝手に指示を勘違いしたり、よくわからなかったりのままで仕事をしてしまい、
その結果後々上司に怒られる結果になったりして、
なぜ怒られる必要があるのかと困ってしまいます。

もちろん、勝手に曖昧な指示を受けて、勝手に解釈する部下も良くないとは思いますが、最初から上司が明確な指示を出していれば済む話なのですから、上司も悪いです。

さらに、そういった指示ばかり受けていた部下が上の人間となったら、
今まで自分に指示をくれていた上司と同じように言葉足らずの指示を出してしまうようになり、
また新たに、言葉足らずな上司の予備軍を作り出してしまいます。

まさに負の連鎖が起こってしまうのです。

さくまは出来る限り細かく指示を出している

だから僕は部下に指示をする際は、
極端な話、部下のタイムテーブルを1時間単位で作ったりします。

そしてなぜ細かく仕事を教えるのか、その理由と、見据えている未来を部下と共有するようにしています。

そこまで事細かに部下に伝える事が出来れば、
理由と未来の目標が明確になり、部下は思い切りアクセルを踏んで仕事が出来るため、
とても効率の高い仕事をこなす事が出来るようになるのです。

そういった意味で、上司と部下の間で未来の目標に対する意識のすり合わせが出来ている事は、大変重要なことだと思います。

まとめ


まとめると、
部下に指示を出す際には、曖昧な表現で指示を出すのではなく、
事細かな指示を出し、その理由と先に見据えている未来に対する意識の共有を行うと、
上司と部下の間で歩調が合い、二人の関係のみならず、会社全体がいい方向へ向かう事でしょう。

さくまでした!

\ SNSでシェアしよう! /

39レクチャーの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

39レクチャーの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

39lec

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【タイ語レッスン】カフェやお店で役立つタイ語!例文の紹介。

  • 【タイ語レッスン】母音の基礎!母音の発音と覚え方について。

  • タイ語の数字をマスター

  • インド、バングラデシュ、バンコクの違い

関連記事

  • 【金運】お金持ちが実践する、秘密の習慣!すぐできる食事法で運気アップ!

  • コミュ障必見!コミュ力が高い人の特徴5選!

  • どんな人間関係にストレスを感じるのか?

  • 人望が集まる人の考え方 特徴!人望のある人 人望ゼロ違いとは?

  • 起業で失敗しないためには?企業が失敗する理由

  • タイ人女性に好かれるために