1. TOP
  2. 飲食店で使えるタイの数の単位

飲食店で使えるタイの数の単位

タイ
この記事は約 3 分で読めます。 18 Views

タイに観光に行くと、色々な楽しみがありますが、一番楽しみなことは、やはりタイ料理でしょうか。
タイの料理はトムヤンクンだけじゃなく、カオマンガイやカオソーイ、ガキヤーンなど、色々な料理があります。
バンコクでは3つ星レストランなどのバイキングビュッフェもおすすめなのですが、屋台やショッピングセンターに併設されているフードコートも、高い人気を誇っています。
庶民的なメニューを楽しめるからなのですが、その楽しみをしっかりと味わうためには、飲食店で使えるタイ語をちょっとばかり覚えておくだけでも、かなり違ってきます。
今回は、そんなことから、タイの飲食店で使える言葉を少しだけお伝えしようと思います。
ここでは、こんなことをお話したいと思うので、参考にしてください。

  • 飲食店でのオーダーでは、数の単位を知っておくと便利
  • 数え方を覚えておくと便利な理由
  • 実際の利用者の声

飲食店でのオーダーでは、数の単位を知っておくと便利

タイに何度も訪れている日本人観光客の人は、タイのメニューをオーダーする時に、料理名を覚えているだけでなく、数え方を知っていることで、さらに注文をする困ることがないようです。
どのような数え方で伝えるのかを知っているだけでも、店員さんの理解のレベルが違うのです。
飲食店で使える数の単位としては、次のようなタイ語が使えます。

・杯
ゲーオ
ヌン、ソン、サンゲーオ
・ビールをコップで分けて飲んで
アオ ギー クワップ マイ クラップ
・ジョッキしかない場合
アオ ギー クワップ マイ クラップ
・缶
グラポン→ガポン
・お椀
トゥワイ
この他にもまだまだあるのですが、これだけでもかなり違ってきます。

数え方を覚えておくと便利な理由

タイ語で数え方を知っているだけで、店員さんの理解度はまったく異なってきます。
指で指し示すのもいいのかもしれませんが、相手はあまりいい受け止め方はしないようです。
また、英語で伝えるのもできそうな感じはするのですが、あまり好まれません。
やはり、「郷に従え」と言うようにタイの飲食店に行ったなら、タイ語で、どの程度の数量が欲しいのか、食べたいのか、はっきりと伝えることができる方が店員さんの抵抗も全く違ってくるのです。

実際の利用者の声

「初めてタイに行ってお店でカタコトの英語で注文しようとしたのですが、ほとんど通じませんでした。でも、メニューや数をタイ語どんなふうに言うのか、スマホ片手に調べて伝えてみると、すんなり通じたのです。それからと言うもの、バンコクに行く時は、必ず数の数えか方をメモして行くようにしています。」
このように実際にあちらの言葉で伝えてみると、全く結果が違ったのです。

まとめ

どうしでしょうか?
タイ語を勉強すると、会話がスムーズに進むことは言うまでもありませんが、数の単位や数え方を知っておくだけでも、飲食店や屋台でのオーダースピードが速くなってきそうです。
ここで紹介してきた

  • 飲食店でのオーダーでは、数の単位を知っておくと便利
  • 数え方を覚えておくと便利な理由
  • 実際の利用者の声

で、あなたもオーダーの時にトライしてみてください

\ SNSでシェアしよう! /

39レクチャーの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

39レクチャーの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

39lec

この人が書いた記事  記事一覧

  • 【タイ語レッスン】カフェやお店で役立つタイ語!例文の紹介。

  • 【タイ語レッスン】母音の基礎!母音の発音と覚え方について。

  • タイ語の数字をマスター

  • インド、バングラデシュ、バンコクの違い

関連記事

  • タイ人同士でしか言わない言葉

  • タイ語の数字をマスター

  • インド、バングラデシュ、バンコクの違い

  • タイでもチップは必要

  • タイは住み心地がいい?

  • 必見!ディープなタイスラングをご紹介!